2007年11月08日

立冬

まだまだ秋だと思っていたのに今日から暦では冬らしいです。たしか。。。

さて私は最近、浅草の羽子板職人さんのところへよく行っています。
羽子板職人さんになるわけではありません。

学校で新しい羽子板のデザインをやりたい人を募集していて面白そうなのでやってみたのが始まりでした。本来はデザイン画を渡してあとは職人さんが作ってくれるはずだったのになぜか自分で作ることに。
それで職人さんの所へ行って作っているのです。


そこで思ったのが職人さんてホントに職人さんだと思いました。(当たり前って…)
なんていうか創作性がないというのかな、とっても機械的で。
線を一本引くのをひたすら引く、そこに独創性があっては全然だめ。


なんか私たちのやっていることとは全く別物なんだと実感しました。
職人さんとの大きな違いって自分があるかないか。とても大切なことなんですね。





きちんとした生活リズムをoDa デザイン工芸科|芸大・美大・美術高校受験 アトリエ新松戸


posted by デザイン・工芸科 at 15:10| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
芸大美大・美術高校受験 アトリエ新松戸